不定愁訴を改善|辛い糖尿病を食事で緩和させる方法|毎日を健やかに
ご飯

辛い糖尿病を食事で緩和させる方法|毎日を健やかに

不定愁訴を改善

ご飯

不定愁訴という言葉がありますが、これは特定される病気がないにも関わらず、体調不良が続くというものです。偏頭痛や重い生理痛、うつ気分などいろんな症状に悩んでいる人がとても多くいます。この不定愁訴を内科や外科といったところに訴えても、特にこれといった治療法はないため、自分でなんとか対策を打つしかありません。その一つの方法として栄養療法があります。身体に必要な栄養素が欠落しているため身体の不調が出てくるなら、身体が必要としている栄養素を食事で補えばいいのです。そうすると身体は自然に調子を取り戻し、自然治癒力も高まっていくでしょう。栄養療法を行なっているクリニックも最近では多くなってきていますので、慢性疲労やうつ病に悩んでいる人は相談してみるといいです。食事の指導を受ければそれを自宅で取り組んでみることもできるようになり、毎日の生活を見直せるのです。

栄養療法とうつ病は身体と精神に分かれているというイメージがあるので、栄養を取り入れることで精神が治るのか想像がつかないという人もいます。しかし、脳の働きも身体の反応の一部です。うつ病はこの身体の反応がうまく働いていないことから起こる症状なので、栄養を上手に取り入れることで改善するといわれています。脳内物質であるドーパミンやセロトニンの分泌を促すために、栄養療法ではビタミンB群を多く取り入れる指導をします。ビタミンB群には葉酸やビオチンなどが含まれていますが、サプリでもこれは補えます。注意したいのが、アルコールや喫煙によってビタミンは簡単に消費されてしまうので、治療中は禁酒禁煙が原則です。