料理

辛い糖尿病を食事で緩和させる方法|毎日を健やかに

不定愁訴を改善

ご飯

身体がなんとなく重い、疲れが取れないという場合に病院にいっても原因が特定できないことがあります。栄養療法を行なっているクリニックでは、こういった症状を治す取り組みをしています。

もっと読む

信頼できる業者選び

料理

糖尿病食は厳密に栄養がコントロールされなければいけませんので、用意するのも大変です。通販は大変便利なものなので活用したいものですが、よりしっかり管理できているところだと安心できます。

もっと読む

カリウムを増やす

食事

高血圧の種類を見極め医師と相談の上で、治療は始めるべきです。本態性の場合は肥満や食事が原因となっているので、それを解消するためにもカリウムが多い食事をとるようにしましょう。

もっと読む

プリン体に気をつける

和食

糖尿病や痛風と深い関係があるのが、プリン体です。人間の体というのは、約60兆個の細胞で作られていますが、常に同じ細胞というわけではなく、作られては壊されて、という新陳代謝が繰り返し起きることによって生命維持ができています。1つの細胞には、DNAやRNAなどの核酸があって、核酸を作っている成分の1つがプリン体なのです。細胞が古くなったら壊されて、核酸が分解する時に、プリン体も分解されることで、尿酸が作られています。つまり尿酸というのは、新陳代謝が起こることによって最終代謝産物として生み出さられるのです。この尿酸は、尿に溶けて排出されるので、体の中にある尿酸の量というのは、常に一定に維持されています。しかし、尿酸が過剰に増加してしまうと、痛風になってしまうのです。尿酸が過剰に増加するほとんどの原因は食事です。食事の量の多さ、プリン体を多く含んでいる食品の摂り過ぎなどによって、尿酸値は上がります。ですから、糖尿病や痛風を予防、改善するためには、プリン体の摂取を抑えて、尿酸値の過剰上昇を防ぐことが重要になるのです。特に、生活習慣病の一つ、糖尿病は他の病気が合併して発症する可能性もあるので要注意です。

プリン体が多い食べ物の摂取を控えるためには、その食べ物について知っておく必要があります。プリン体が多い食べ物は、カツオ、マグロ、イワシ、サンマ、ウニ、エビ、カニなどがあります。プリン体が多く含んでいる場合でも、体に良い食べ物もたくさんあります。そのため、普段の食事でこれらを全く食べないというのは、難しいことです。そういう場合は、これらの食材を生で食べるのではなく、茹でこぼしてから調理すると良いです。茹でこぼすことによって、プリン体を減らすことができるからです。痛風に悪い食べ物もあれば、逆に積極的に摂った方が良い食べ物があります。それは、野菜やきのこ、芋、大豆などです。これらの食品は尿をアルカリ性にしてくれます。また、水分も多めの摂取することを心がけた方が良いです。水分を多めに摂取することで、排出する尿が増え、尿酸もたくさん排出することができます。